時計のメンテナンス|思い入れのある大切な品物|ロレックスはオーバーホール

思い入れのある大切な品物|ロレックスはオーバーホール

時計のメンテナンス

時計の修理

ロレックスのような高級時計は、単なる時計の枠を超えて持ち主にとって特別な思い入れのある宝物です。出来るだけ長くロレックスを使い続けたいと考えているのであれば、定期的なメンテナンスが必要となります。車などでも定期的に車検を行って、故障している部分を修理したりオイル交換を行ったりするように、時計にもメンテナンスが必要となります。時計におけるメンテナンスのことをオーバーホールと言いますので、ロレックスを持っている方は、定期的にオーバーホールをするようにしましょう。
ロレックスのような精密な機械時計は数多くの部品が使われており、部品の稼働を滑らかにするため油が差されています。長年使用し続けることによって部品と部品がぶつかる摩擦で油が徐々に劣化していってしまい、酸化を引き起こします。油が酸化してから3年から4年ほどで油が切れてしまい、油が切れてからも使い続けていると部品が消耗して時計の寿命が短くなってしまいます。三年に一回を目安にロレックスのオーバーホールを行うことによって、長持ちさせることが出来ます。ロレックスを購入して万が一故障を引き起こした場合は保証期間内かどうかを確認するようにしましょう。保証期間内に故障を引き起こしていた場合は、持ち主の責任ではなくメーカー側の責任になりますので、無料で修理を行ってもらえます。保証期間を過ぎてからの故障は自分で修理の費用を出さなければいけませんので、多額の出費になります。定期的にオーバーホールを行っておけば故障を未然に防げますので、維持費を安くすることが出来ます。

Copyright © 2016 思い入れのある大切な品物|ロレックスはオーバーホール All Rights Reserved.